日本中に広がるウイルスのイメージ写真

今こそ免疫力を高めましょう!

春とは名ばかりの、まだまだ寒い日が続くこの季節。例年なら、インフルエンザの流行が気になる所ですが、今年の話題は圧倒的に「新型コロナウイルス」による感染ですね。花粉症の方には、そろそろ嫌な症状がで始める季節でもあります。今回は、これらの感染症や、アレルギー反応に関係のある「免疫」のお話です。

免疫とは?

そもそも「免疫とは」、「疫(えき)を免(まぬか)れる」の文字通り、病気にならないための体の仕組みの事です。最近私たちを不安に陥れている「新型コロナウイルス」ですが、感染しにくい人や、感染していても症状が出ない人がいます。その違いは、個人が持っている免疫力の差です。一言で「免疫」として括っていますが、私たちの体が自らを守るために持っている生体防御機能がいくつかあります。

生体防御機能とは?

最初の防御機能は、皮膚や粘膜などで菌やウイルスが体内に入ってくる事を防ぐ力です。皮膚の角質層や粘膜に水分が充分あり、潤っている事で、この防御機能が高まります。
次の防御機能としては、菌やウイルスが体に入ってきた時に、免疫細胞の好中球やマクロファージなどが菌やウイルスを捕まえて、自らが作り出した活性酸素で殺してしまう力があります。この時に、侵入した菌やウイルス(抗原)の形や特徴を認識した樹状細胞は、リンパ管へ移動して、この情報をT細胞やB細胞に伝えます。T細胞は直接抗原を攻撃し、B細胞は情報を基に抗体を作り、次の感染に備えます。これが3つ目の防御機能です。
更に、菌やウイルス、異物を攻撃する防御機能が働き過ぎて、活性酸素が細胞の内外に溢れる事によって正常細胞を傷付け、炎症を起こしてしまった時に、余分な活性酸素を除去して炎症を鎮めてくれるSOD酵素の働きも、免疫の一つと言えます。とても複雑な免疫細胞の働きを、最初にご紹介してしまい、新型コロナウイルスの話がどこかに行ってしまった感がありますが、この免疫の仕組みがしっかり働いていると、このような新しい感染症が蔓延していても、「罹りにくい」「発症しにくい」「罹っても症状が軽く済む」という事です。

一人ひとりができる新型コロナウイルス感染予防

最初の防御は、皮膚や粘膜から体内に病原ウイルスを入れない事でしたね。そのために出来る事は、月並みですが以下に述べます。

手洗い

手洗いをしっかり。接触感染を、少しでも防ぎましょう。アオバでも、ハンドソープを取り扱っています。

栄養素

粘膜や皮膚を強くする栄養素──ビタミンA・βカロテン・ビタミンC──を含む食品と、オメガ3の油を摂取。よく噛む事が大切です。もちろんAOVA SODは必須です。

マスク

マスクを着用して、他人からの飛沫感染を少しでも防ぎましょう。ガーゼマスクではウイルスは透過しますが、マスクをつける事で鼻や喉の粘膜に加湿と加温ができ、ウイルスの増殖を抑える効果があります。

二つ目の防御は、免疫細胞を元気にして、ウイルスを排除する事です。そのために出来る事は…

身体を温める

身体を温める事が大切です。子どもが新型コロナウイルスに感染しにくいのは、体温が高いからとも言われています。

笑顔と睡眠

ストレス対応で、メンタルを良くする事と、良い睡眠は免疫細胞を強くします。

食生活

免疫が働いて出来過ぎた活性酸素を除去する食生活を送るためには、AOVA SODが効果的です。AOVA SODの成分には、ミトコンドリアを元気にする「ビタミン・ミネラル」が多量に含まれています。免疫細胞が元気になり、ミトコンドリアがしっかりとエネルギー物質「ATP」を作る事で、抵抗力のある体を作る事が出来ます。

今回の新型コロナウイルスへの不安と、国が進める感染予防対策により、日本中が機能不全を起こしている感があります。こんな時こそ、デマ情報などに振り回されないように、冷静に一人一人が対応しましょう。免疫力を上げるための3つの対策を、是非実践してみて下さい。

«